ジョブパワーズで介護求人を探すメリットとデメリット

最近、TVのCMなどで老人ホームのCMが増加しています。

それに比例するように介護求人件数も増えています。

でも、自力で条件に合った仕事を探すのは大変です。

そんな方は派遣会社を検討してみてはどうでしょうか。

登録していいところとしては、エージェントが求職者の希望に合った勤務先を探し、実際に勤務先の見学に同行してくれ、応募者が直接施設に聞きづらい質問や条件交渉も行なってくれます。

見学した紹介先に納得し、就業することになった後も勤務先での人間関係トラブルや聞いていた条件と違った場合などの相談にも乗ってくれます。

そのまま、施設側から正社員登用されることも多いようです。

今の仕事には満足しているけど職場環境が...、出産を機に仕事を離れていたけどそろそろ復帰しようかなという場合、大手の求人サイトで仕事を探してみたけど保有している資格を活かせるような仕事が自分の希望する条件と合わない場合があります。

そんな時、どうやって探すと効率がよいでしょうか。

最近、職種を絞った求人サイトが増えていることをご存知ですか?ジョブパワーズという求人サイトを例に挙げると、この求人サイトは医療や介護などの求人のみが募集されています。

同じ地域で比較した場合、資格が必要な仕事のほうが、給料が高く設定されているのが一般的です。

人の役に立ちたいと介護士を志す人が増えています。

スポーツでも仕事でも初めて行うことに対して経験がないけど大丈夫かな?と不安を少しは感じてしまいますよね。

求人情報を見てみると未経験・無資格・40代でも多くの企業が大丈夫としており、働きながら資格取得支援を行なっている企業も多いです。

少子高齢化の影響で介護の求人は多いので自分の条件に合った企業・施設をじっくりと探すことができます。

また、求人をしている会社によっては、面接・応募前に職場見学ができることもあるので実際の現場環境を知ってから応募することもできます。

治療が難しい病を患う患者さんの苦痛を可能な限り軽減し、その人らしく生き抜くことができるよう援助するホスピス。

延命に時間をかけるのではなく、患者が穏やかに過ごすための生活の質を豊かにするために専門のチームが親身にケアを行います。

専門スタッフは医者と看護師と薬剤師がおり、病院によっては麻酔科医や介護福祉士などが所属しています。

看護師としての経験が積めることは間違いないので自身のスキルアップを望んでいる方は求人数が少ないので、まずは探すことから始めましょう。

注意点として、報われないことに虚しさを感じることもあるようです。

仕事をする上でキャリア形成って気になりますよね。

キャリアアップすると具体的に給与が上がるなど評価もアップします。

具体的な手段としては資格を取る、転職するなどがあります。

特に、介護業界はそのような傾向にあるようです。

まず、はじめに初任者研修・実務者研修を受講してから資格を取得する。

生活相談員としての条件を満たし入所から生活まで相談援助をする。

要介護者の介護計画をプランニングするケアマネージャーの資格を取る。

など、資格を取得することが=キャリアアップ=給与アップに繋がります。

また、転職する際に求人サイトを閲覧すると資格があればケアマネとして職に就けるなどの選択肢が人がります。

介護の求人を探しているときにひっかかる単語がありました。

それは「ケアハウス」と「老人ホーム」の表記の違いです。

この2つの施設は同じ施設のイメージを持たれる方も多いかと思いますが、ネット検索してみたところ「ケアハウス」とは軽費老人ホームのことであり、市町村の助成を受けることで比較的安価な料金で入居することができる福祉施設のことで、「老人ホーム」は民間が運営を行っており、自治体が介入していない施設のことのようです。

2つのサービスの違いには、「老人ホーム」には入浴介助や健康管理なども行なわれますが、一方の「ケアハウス」では食事や洗濯などの介護度の低い方が対象になっています。

介護の仕事にどんな印象がありますか?多くの方は「きつい、汚い、給料が安い」の3Kだと思っているでしょう。

果たして本当にそうなのでしょうか。

実は、介護のお仕事というのは働きやすい上自由がきく仕事なのだそうです。

例えば、日中だけのデイサービスの求人だったら通常、夜勤は発生しませんし、老人ホームなどでも日勤のみという選択肢が可能です。

逆に、夜勤の場合は夜勤手当が多くつくので積極的に夜勤に入ることで手厚い手当てを受ける方や月10日くらい夜勤に出るだけであとは自由に過ごす方もいます。

介護職に勤めている友人に会い話をしました。

話を聞いていると「仕事がきついのに給料がかなり少ない」と愚痴っていました。

きっと世の中には、同じような方がいるんでしょうね。

友人と求人・転職サイトを見ていた時に気が付いたのですが最近は、特定の職種・業種に限定した求人サイトが増えているようです。

職種限定の求人サイトの中に、ジョブパワーズという医療介護系の総合求人サイトがありました。

このサイトは、申し込んだ人と採用担当とが直接やりとりできることが1つの強みのようです。

事前に採用担当とやりとりができるのは応募者側としては納得して面接を受けることができるのでいいですよね。

介護の求人についてウェブで調べていたところ介護士内でも特に好評な施設の種類というものがあるようです。

それは、要介護者が日中に利用するデイサービスや24時間体制で老人介護サービスをしている有料老人ホームの夜勤、比較的介護度の低い利用者が多い高齢者住宅です。

施設タイプで人気は差があることは確かですが、運営者によっても環境や労働条件が変わります。

優良な事業者の見分け方としてよく言われるのが、人材募集広告が出る頻度、職員の平均年齢、経営形態、離職率など多角的にチェックしましょう。

また、職場見学ができる企業なら是非見学をして自分が働くイメージを描きましょう。

契約社員として働いている方に質問です。

将来の計画はどのようにお考えですか?いずれは正社員で雇用されたいという人が大半かと思います。

だからといって、実際にはどうしたら正社員になれるのでしょうか。

一つの方法として一定期間働いて、その時の職場から社員登用を目指す、あるいは、正社員として働ける会社へ転職するかのどちらかでしょう。

複数の職種が掲載されている転職サイトの利用もいいのですが現在のお仕事の経験をより活用したいなら介護求人に強いジョブパワーズのように職種を絞って掲載しているサイトを利用してみてはいかがでしょうか。

サイトによっては採用担当者と直接やりとりができるといったメリットがあったり、就職が決まったらお祝い金がもらえたりすることもあります。

医療・福祉関係の資格をお持ちで就職先を探している、あるいは転職を真剣に考えているという方、そんな方にオススメな求人・転職情報サイトといえばジョブパワーズです。

募集要項には職種や時給のみならず、介護資格士の免許や、看護師の免許など資格を持っている人を募集しているかわかりやすく、前職の経験を活かしやすそうです。

また、ブランクが長いけど大丈夫?年齢制限はセーフ?という人向けに気になる条件を詳細に絞り込むこともできます。

それでも不安という場合は採用担当者と応募者で直接やりとりすることが可能ですので、そこで聞いてみてはいかがでしょう。

みなさんは仕事・職場の選び方で気にしていることはなんですか。

多くの人は福利厚生と給与面を気にしていると思います。

実際にそれで仕事を始めてみたけどやりがいを感じられない、仕事が面白くないという話をたまに聞きます。

介護士の知り合いに話を聞いてみたところ面と向かって人に感謝をされるのがすごく嬉しい、元気のなかった人がどんどん元気になっていくところを見れて人から必要とされているのが実感できると言っていました。

求人状況をインターネットで調べてみたところ色々な企業・施設が募集をしていて個人個人の働き方にあった職場が見つけられるのではないでしょうか。

少子高齢化社会の今、大切な仕事があります。

一例をあげると、介護業です。

今、大切ということは求人が多いのではないかと少し調べてみたら正社員の募集が予想以上に多い状況でした。

気になる方の多い待遇面も業界全体として取り組み出産・育児休暇制度を設けている会社が多く休暇後に職場復帰もしやすそうです。

スキルアップ支援やそれに伴う資格手当も設定されているので上を目指したい、給与を増やしたいという向上心を持っている方にも嬉しいですね。

労働条件のいい会社は人気なので見つけたらすぐに応募しましょう!思い切って脱サラしてみたけど失敗してしまった。

そんなタイミングで介護の仕事に出会う40代、50代の方もいるそうです。

未経験だけど大丈夫?他の業種はしていないけど求人しているの?という疑問もあると思いますが、介護業界においてはスタートに早いも遅いもありません。

また、40代、50代と年を重ねてからの中途入社の場合、年齢が近いので利用者も気楽に感じるのかすぐに仲良くなることもあるそうです。

他にも、別の業種、世界でやってきた知識、経験から職場内で今までこれが当然のように思っていたことが変わっていくこともあります。

そのため、介護の求人ではほとんど年齢制限素していないという募集が多いようです。

情報量が多い大手求人サイトですが、業種が多すぎて、希望の職種が探しにくい、採用社数が少ない、ということはありませんでしたか?業種別の求人サイトの利用をオススメします。

特に、介護業界はその傾向が顕著で大手サイトよりも掲載数が多い場合もあります。

一方で、介護を扱う転職サイトの中には実際の職場を見学できるサイトもあり、設備の充実度、サービス内容、どのような患者さんがいるのかなど現場の雰囲気を事前にチェックできます。

このようなサイトの中には顔なじみの企業もあり、面接に同行しているエージェントもいますから質問の内容を聞いてみるのも良いでしょう。

引用:ジョブパワーズ介護求人の評判は?無資格OK?【派遣・パート・正社員】