洗顔石鹸毛穴の目立ち原因対処法とは

しみやシワ、くすみもたるみもない肌は女性の憧れ。
そこにもうひとつ要素が加わるとすれば、毛穴が目立たないことかもしれません。
毛穴の目立ちを気にする女性は案外多いもの。
幅広い世代に共通する悩みのようです。
では、なぜ毛穴は目立つのでしょうか。
毛穴が目立つ理由はひとつではありません。
年代によっても違いはあるのです。
まず、「皮脂の過剰分泌による毛穴の目立ち」。
これは10代?20代前半の女性に多い悩みです。
この年代は、思春期から大人の女性へと成長していく過程で、ホルモンバランスが変化しやすく、皮脂量が過剰に分泌されてしまうことがあります。
そのため、毛穴の開閉コントロールがうまくいかなくなり、毛穴が開きっぱなしという状態になるのです。
毛穴が開いたままだと、皮脂だけではなく汚れや角質も詰まってきます。
それが空気にふれることで酸化し、黒ずんで見えてしまい、必要以上に毛穴が目立ってしまうのです。
「皮脂の過剰分泌」による毛穴の開きっぱなし状態は、20代後半になって、皮脂量が低下してくると治まってきます。
毛穴に詰まった汚れなどが酸化して黒ずんでしまわないように、毎日のケアでお肌を清潔に保ちましょう。
次は「メラニンによる毛穴の黒ずみ」です。
毛穴パックを使って皮脂を押し出しても、黒ずみがとれない時は、メラニンが原因かもしれません。
毛穴に詰まった皮脂や汚れが酸化すると、細胞の変化によって肌に刺激が加わります。
その刺激がくり返されることでメラニンが生成され、毛穴周辺にメラニン色素が沈着してしまうのです。
また、毛穴に詰まった皮脂や汚れを無理に出そうとして炎症を起こし、それが原因でメラニンが生成される場合もあります。
他にも、紫外線対策が不充分なために起こる場合もあります。
いずれにしても、「メラニンによる毛穴の黒ずみ」はしみと同じです。
まずは、毛穴に詰まった汚れが酸化しないように、お肌を清潔に保ちましょう。
「メラニンによる毛穴の黒ずみ」ができてしまった場合は、しみ対策と同様、ターンオーバーが正常に行われるように気をつけると同時に、美白ケアも行いましょう。
紫外線対策も忘れずに。
最後は「肌の老化(たるみ)」による毛穴の目立ちです。
肌がハリや弾力性を失ってたるむことで、毛穴が縦長く開いてしまうのです。
気になる部分の肌を少し持ち上げてみて、毛穴の開きが目立たなくなったら、「肌の老化(たるみ)」が原因かもしれません。
小鼻よりも頬の毛穴に多く見られる症状です。
この場合のケアは、たるみの時と同じで、お肌の弾力性をアップさせるケアや紫外線対策が重要です。
同時に顔の筋肉を鍛えるのも効果があります。